埼玉県上尾市の多機能型事業所・グループほーむ「あらぐさ福祉会」

求人情報

法人案内

ご挨拶

先達の願いを胸に

1979年にどんなに重い障害があっても学校に行ける全員就学制になり上尾の地にも養護学校(現特別支援学校)が開校しました。
やがて卒業しその後の行き場がないと次は卒業後の「場」作りをしようと保護者、教職員達が1984年に「雑草の会」を立ち上げました。
啓蒙活動、資金集めのために駅頭での募金活動、廃品回収、バザー、コンサートなどを行い1985年に自主運営の共同作業所労働と教育の場「雑草」を開設しました。現在理念として掲げているものも当時の教職員、保護者達が思い描く理想を盛り込んで作り上げたものです。
法人認可までの歩みは雑草のごとく踏まれても踏まれてもの日々でした。
その先達の願い、想いを今日まで引き継ぎ仲間たち一人ひとりが輝けることを目指して取り組んでまいりました。
おかげさまで法人化されて20年が経ちました。まだまだ障害者をとりまく情勢は厳しく、さらに家族や「なかま」たちの高齢化の問題も喫緊の課題となっており、私たち法人も今後「なかま」たちのライフステージを見越した新たな取り組みに着手しなければならないとの考えから、法人内に中・長期検討委員会を立ち上げ現在検討をし始めているところです。
今後も「なかまを主人公」に役員、職員、家族そして地域の方の力をお借りしながら力を合わせどんな人も暮らしやすい社会作りを目指し努めてまいります。

― 認可施設を実現させた力を「雑草の宝物」に -

1985年4月、「重い障害のある人にも労働と教育の場が保障されるように」との願いをこめて、施設設立をめざす運動の母体である「雑草の会」が発足しました。
そして、発足と同時に上尾市の借家で「労働と教育の場『雑草』」は開所しました。「雑草」の名前にはどんな困難にも負けずに大地に根をはって共にたくましく進もうという決意をこめました。
以来十余年「雑草の会」は、無認可の作業所として「在宅者を出さない」「障害の種別や程度を問わず受け入れる」「作業に仲間を合わせるのではなく、仲間に合った労働と教育の中味を作る」「地域に根ざす」の4つの理念を掲げて自主運営を続けました。
長い間「雑草の会」は行政の支援がなく経営や運営は困難をきわめました。でも、「『雑草の会』の理念を残したい」「自分の子だけではなく障害のあるみんなのために働く場をつくりたい」という一致した願いのもと、「なかま」や家族を中心に後援会や地域・市民の皆さまの協力を得ながら、バザーやコンサート、あらぐさまつりなどに取り組み、地域の催しへの出店にも積極的に参加して活動を続けました。
1992年に「雑草の会」の会員に土地と新築建物の提供を受け、現在の地頭方の地に落ち着き、腰をすえて活動ができるようになりました。
さらに、デイケア施設の認可を得るために在宅障害者の家庭訪問にも取り組み、1名だったなかまが9名にまでふえていきました。そして1996年7月、「雑草」はデイケア施設となりました。
1999年6月、地頭方の土地の寄贈を受け、それを基本財産として社会福祉法人化を実現しました。建物は補助金のほかに多くの個人や団体のカンパ・寄付などの協力を得て多額の建設資金を集め、多機能型施設「労働と教育の場『雑草』」は完成しました。
2002年には、「なかま」たちが共同で生活するグループホーム「第1クローバーハウス」ができ(2015年に建替え)、2012年には「第2クローバーハウス」を建てました。
2021年3月には「第3クローバーハウス」の開設を予定しております。
2006年には障害者生活支援センターを開設して、上尾市および伊奈町から受託して地域の障害者の相談・支援にも携わっています。

2020年9月
社会福祉法人あらぐさ福祉会
理事長 岩渕 敦子

理念

概要

Overview

名称 社会福祉法人 あらぐさ福祉会
所在地 埼玉県上尾市地頭方438-6
TEL 048-726-5720
FAX 048-726-7177
メール aragusa@lime.ocn.ne.jp

財務情報

Finance

歩み

History

  1. 1985年  4月

    雑草の会結成 労働と教育の場「雑草」(無認可)開所(上尾市本町)
  2. 1987年  6月

    「雑草」移転(上尾市春日)
  3. 1989年  1月

    「雑草」移転(上尾市本町)
  4. 1992年  9月

    「雑草」移転(上尾市地頭方)
  5. 1996年  7月

    心身障害者地域デイケア施設となる
  6. 1999年  6月

    社会福祉法人あらぐさ福祉会認可
  7. 2000年  4月

    労働と教育の場「雑草」(認可)開所(30名定員)
  8. 2002年  11月

    クローバーハウス(グループホーム)開所
  9. 2004年  6月

    「雑草」31名に定員増
  10. 2006年  1月

    障害者生活支援センター「あらぐさ」開所
  11. 2009年  4月

    多機能型事業所となる
  12. 2012年  5月

    第2クローバーハウス(グループホーム)開所
  13. 2018年  3月

    こぱん☆あらぐさ(就労支援事業B型)

※お知らせ
社会福祉法人あらぐさ福祉会では福祉・介護職員処遇改善加算に加えて
2019年10月1日より福祉・介護職員等特定処遇改善加算も算定しています。

一般競争入札

Public Tender

あらぐさ福祉会では、新しいグループホームの建設を行うに伴い、6月中旬に一般競争入札を行いますので公告いたします。
詳細につきましては、下記資料をご確認いただけますでしょうか。

後援会

あらぐさ福祉会後援会

後援会は、あらぐさ福祉会が運営している事業を資金面で支え、
なかまたちが自分の生まれ育った地域で
普通に暮らしていける
社会資源がたくさんできることを目指して活動しています。
残念ですが、現在の国の補助基準は、なかまたちの切実な要求や思いを実現するには
程遠い実態となっており、
働く場(作業所)も暮らしの場(ケアホーム)も不足しています。
障害を持つなかまたちの豊かな生活を実現するために、
一人でも多くの皆様に応援をお願いしています。
ぜひ、後援会への新規加入・更新をお願いいたします。

特別賛助会員 月額  2,000円以上
賛助会員 年額一口  2,000円
(何口でも結構です)
振込先 郵便局  口座番号
00140-6-565383    
社会福祉法人 あらぐさ福祉会

※会員になってくださった方には、あらぐさニュース(年4回発刊)を発送いたします。

pagetop